助成金、人事、労務などのご相談はきりん人事労務管理事務所へ

03.就業規則の作成

3-09

就業規則は「社員」と「経営者」をつなぐルール

5-04労働基準法では
「常時10人以上の従業員を使用する使用者は」
就業規則を作成して、労働基準監督署へ届け出なければならない。
と定められています。


法律で定めているから作成するのではなく、
経営を守る大切なルールとして常にメンテナンスをお勧めします。

就業規則を作成し、職場のルールを整えることで、従業員も安心して働くことができ、良い人材の確保にもつながります。

就業規則の見直しの基本的な手順例

6-01 6-02 6-03

6-04 6-05 6-06

ポイント

1.現状把握

まずは、経営者の皆様からインタービューを重視した作業を行います。
規定集に書かれた「就業規則」では実態とあっていないもの、不利益を被るものなどが潜んでいます。

また、最新の法規制を確認して、修正ななければならない事項があるかを確認します。

同時に、労働者(社員)の皆様等とのコミニケーションも必要に応じて行います。
より、実態に即し改定と、労使ともにプラスとなるルールもご一緒に検討いたします。

料金

定型のもの・・・100,000円(税別)より承ります。
就業規則本体、育児介護休業規定、賃金規定

お見積もり

「現行の規則内容の点検だけしてほしい。」など必要なものだけでも個別にお受けいたします。
御見積もりは無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 048-452-4590 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © きりん人事労務管理事務所 All Rights Reserved.