新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、在籍型出向により労働者の雇用を維持する場合に、出向元と出向先の双方の事業主に対して助成する「産業雇用安定助成金」が創設されましたが、これが、令和3年2月5日から施行されることになりました。

厚生労働省から、同年1月1日からの出向に対して助成することなどが案内されています。

詳しくは、こちらをご覧ください。その概要をまとめた、リーフレットも公表されています。

<「産業雇用安定助成金」の創設について>
https://www.mhlw.go.jp/stf/sankokin0122_00003.html