厚生労働省から、令和2年12月25日、「これからのテレワークでの働き方に関する検討会報告書」が公表されました。この報告書は、有識者で構成される「これからのテレワークでの働き方に関する検討会」での議論をまとめたものです。報告書では、次の項目の対応方針等についての有識者の意見がまとめられています。

・テレワークの対象者を選定する際の課題
・テレワークの実施に際しての労務管理上の課題(人事評価、費用負担、人材育成)
・テレワークの場合における労働時間管理の在り方
・テレワークの際の作業環境や健康状況の管理・把握、メンタルヘルス

そのほか、テレワークを推進するに当たって必要な今後の対応についての有識者の提言が盛り込まれています。

同省では、この報告書を踏まえ、今後、「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」の改定を行う予定だということです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<「これからのテレワークでの働き方に関する検討会報告書」を公表します>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15768.html