厚生労働省では、年度の始めや半ばに、同省関係の主な制度変更を表にまとめて公表しています。

この度、「令和2年4月からの厚生労働省関係の主な制度変更」が公表されました(令和2年3月25日公表)。

 

令和2年4月からの制度変更といえば、「中小企業への時間外労働の上限規制の適用」、「同一労働同一賃金の実現に向けたパートタイム・有期雇用労働法の改正(大企業)」、「同一労働同一賃金の実現に向けた労働者派遣法の改正(企業規模問わず)」が重要といえますが、その内容・関係リンクも紹介されています。

 

疾病対策関係として、「受動喫煙対策※」についても制度変更が行われますが、業種によってはこれも重要な改正ですね。

※令和2年4月1日の改正健康増進法の全面施行により、飲食店、オフィス・事業所等の様々な施設で原則屋内禁煙となります。

 

その他、年金関係や医療関係などにおいても制度変更が行われますので、主な制度変更の内容を、今一度、チェックしておきましょう。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

<厚生労働省関係の主な制度変更(令和2年4月)について>

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000198659_00006.html