日本年金機構からもお知らせがありましたが、平成29年4月分(基本的に6月15日支払分)からの年金額は、法律の規定により、平成28年度から0.1%の引下げとなります。

また、平成29年度以降の在職老齢年金に関して、60歳台前半(60歳~64歳)の「支給停止調整変更額」と、60歳台後半(65歳~69歳)と70歳以降の「支給停止調整額」が、法律に基づき、平成28年度までの47万円から「46万円」に改定されます。この改定により、在職老齢年金の支給停止額が増える(支給額が減る)方も出てきます。
なお、60歳台前半の支給停止調整開始額(28万円)については変更ありません。

物価などの変動に応じた自動改定で、そもそもの年金額が0.1%引き下げられ、さらに、在職老齢年金の仕組みによる支給停止額の計算式の一部変更で、支給額が減る可能性があります。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<平成29年4月分からの年金額について>
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2017/2017040101.html

<在職老齢年金の詳しい計算方法(平成29年4月以降)>
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2017/2017040102.html