「「過労死等ゼロ」緊急対策」の一環として、厚生労働省が、1月末に「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」を策定し、周知を図っていることはお伝えしているところです。

この度、そのポイントなどをまとめたリーフレットが公表されました。

今後は、このガイドラインに基づいて、行政指導なども行われることになると思われます。

今一度、このリーフレットの内容も確認してみてはいかがでしょう。

<リーフレット『労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン』>
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/151106-06.pdf