経団連(日本経済団体連合会)から、「2019年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果(加重平均)〔最終集計〕」が公表されています(令和元年(2019年)8月8日公表)。
この調査は、地方別経済団体の協力により、従業員数500人未満の17業種750社を対象に実施。そのうち、集計可能な396社の結果をまとめたものとなっています。

中小企業といっても、ある程度の規模の企業が調査対象となっていますが、これによると、今年の春闘における中小企業の賃上げの平均額は4,815円(アップ率1.89%)となっています。
昨年よりも微増という結果でした。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<2019年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果(加重平均)〔最終集計〕>

http://www.keidanren.or.jp/policy/2019/065.pdf