厚生労働省から、「毎年10月は中小企業退職金共済制度の「加入促進強化月間」です」という案内がありました(令和元年(2019年)9月20日公表)。

今回の「加入促進強化月間」では、各地方自治体、金融機関、事業主団体などへの制度の周知などの協力依頼や、都道府県労働局、労働基準監督署、公共職業安定所で、パンフレットの配布や各種説明会などで制度の紹介を行うとのことです。

〔確認〕中小企業退職金共済制度とは
退職金制度を設けることが困難な中小企業に対して、事業主の相互共済の仕組みと国の援助によって設けられた国の退職金制度のことです。
なお、その種類には、一般の中小企業を対象とする「一般の中小企業退職金制度」と、期間雇用従事者を対象とした「特定業種退職金共済制度(建設業退職金共済制度、清酒製造業退職金共済制度、林業退職金共済制度)」があります。

「加入促進強化月間」実施要綱など、詳しくは、こちらをご覧ください。
<毎年10月は中小企業退職金共済制度の「加入促進強化月間」です>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06841.html