厚生労働省から、令和2年11月20日に開催された「第17回 社会保障審議会 企業年金・個人年金部会」の資料が公表されました。

今回の議事は、「DCの拠出限度額について」です。

確定給付企業年金(DB)に加入している会社員が企業型の確定拠出年金(企業型DC)に拠出できる掛金の上限額は、現行制度では月2万7,500円ですが、改正により、DBと合わせて月5万5,000円を上限にするという案が示されたことが話題になっています。
また、この改正案が施行された時点でDBの掛金が高い企業の企業型DCでは、特例として、現行制度の上限の月2万7,500円を維持できるようにするという経過措置の案も示されています。

年末にかけて与党が議論し、政令の改正などを経て、令和4年10月以降の導入をめざすということです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<第17回 社会保障審議会 企業年金・個人年金部会/資料>
≫ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14975.html