経団連の「2019年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況」の第1回集計(2019年11月14日)結果が公表されました。
この調査の対象は、原則として東証一部上場、従業員500人以上、主要21業種大手251社で、今回の集計は妥結し、集計可能な92社となっています。

これによれば、大手企業の2019年冬季賞与の妥結額平均は前年比1.49%増の964,543円となりました。
業種別では、

製造業平均は前年比1.54%増の947,400円

非製造業平均は前年比2.01%増の1,327,787円

十分なサンプル数ではありませんが、大手企業についてはまだまだ増額傾向が見られるようです。