厚生労働省から、企業の人事・労務に関する多言語による説明や、お困りごとの背景にある文化ギャップを埋めることに役立つ3つの支援ツールを作成したとのお知らせがありました(令和3年3月30日公表)。

<3つの支援ツール>
1.外国人社員と働く職場の労務管理に使えるポイント・例文集~日本人社員、外国人社員ともに働きやすい職場をつくるために~2.雇用管理に役立つ多言語用語集
3.モデル就業規則やさしい日本語版

平成31年4月の「外国人雇用管理指針」改正で、賃金、労働時間などの主要な労働条件を、母国語など、外国人労働者が理解できる方法で明示・説明することが事業主に求められています。

これらの支援ツールを活用してみてはいかがでしょうか?詳しくは、こちらをご覧ください。

<外国人労働者の人事・労務に役立つ3つの支援ツールを作成しました~日本人社員、外国人社員ともに働きやすい職場をつくるために~>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17698.html