厚生労働省が開設する「働き方・休み方改善ポータルサイト」内に、「テレワーク」に関するページが新設されました。
このページでは、テレワークの説明、テレワーク推進の効果、推進に向けた取組のほか、テレワークの取組事例も紹介されています。

「推進に向けた取組」をみると、「職場意識改善助成金(テレワークコース)」のページにもつながるようになっています。
厚生労働省が、テレワークの普及促進に力を入れていることが分かりますね。

テレワークは、「従業員の育児や介護による離職を防ぐことができる」ほか、「遠隔地の優秀な人材を雇用することができる」、「災害時に事業が継続できる」など、多くのメリットをもたらすと、このページでも紹介されていますが、実際に導入するに当たっては、企業におけるルール作りが必要となりますね。

今後、さらに、テレワークなどの“多様な働き方”が普及していくことが予想されます。これに対応すべく、知識を磨いておいた方がよさそうですね。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://work-holiday.mhlw.go.jp/telework/