改正郵便法が施行されることにより、令和3年(2021年)10月から、郵便物(手紙・はがき)・ゆうメールのサービスの一部が変更されます。変更点のポイントは次のとおりです。

●土曜日配達の休止(2021年10月2日(土)~)
普通扱いとする郵便物・ゆうメール※について、土曜日配達が休止されます。

●お届け日数の繰り下げ(2021年10月以降段階的に実施)
普通扱いとする郵便物・ゆうメール※について、お届け日数が1日程度繰り下げられます。

●速達郵便料金の引き下げ(2021年10月1日(金)~)
速達郵便の料金が1割程度引き下げられます(お急ぎの方の利用を促進)。

※普通扱いとする郵便物・ゆうメールとは、書留や速達などのオプションサービス(特殊取扱)を付加しないもののことをいいます。

なお、次のサービスについては、配達日・お届け日数に変更はありません(土曜日、日曜日、休日も配達を継続:お届け日数も変更なし)。

・速達、書留、簡易書留、代金引換
・ゆうパック
・ゆうパケット
・レターパックプラス
・レターパックライト
・クリックポスト

普通扱いの郵便物・ゆうメールを利用する場合には注意が必要となります。ゆうパックやレターパックについては変更なしということなので、その点もご確認ください。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<2021年10月から郵便物(手紙・はがき)・ゆうメールのサービスを一部変更します(日本郵便株式会社)>
https://www.post.japanpost.jp/2021revision/index.html

〔確認〕郵便法改正に伴うサービスの見直し(日本郵便株式会社)
https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2021/00_honsha/0401_01_01.pdf