令和3年3月26日の参議院本会議で、一般会計総額が106兆6,097億円の令和3年度予算が可決、成立しました。

当初予算が100兆円を超えるのは3年連続となり、一般会計総額は9年連続で過去最大を更新しました。

令和3年度予算は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた追加の経済対策経費を盛り込み本年1月に成立した令和2年度第3次補正予算と一体で編成されました。

新型コロナウイルス対策の予備費として5兆円が計上され、社会保障費は過去最大となる35兆8,421億円が盛り込まれています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<令和3年度予算が成立しました(財務省)>
https://www.mof.go.jp/insideLink/PAGE000000000000253460.html

<令和3年度予算成立等についての会見(首相官邸)>
http://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2021/0326kaiken.html