経済産業省は、中小企業がAIを導入する際のノウハウをまとめた「中小企業向けAI導入ガイドブック」と、中小企業が社外のAI人材と協働して課題解決を行った事例を掲載した「中小企業と外部AI人材との協働事例集」を取りまとめ、公表しました(令和3年3月31日公表)。

同省では、中小企業のAI導入を促進するための取組を進めています。
2019年度には、中小企業のAI活用におけるニーズを調査し優先的に導入を進めるべき業種・工程(以下、「優先領域」)を明らかにしました。
2020年度(令和2年度)には、「AI人材連携による中小企業課題解決促進事業」を実施し、優先領域においてAI実装スキルを持つ人材の育成(課題解決型AI人材育成「AI Quest」)やコミュニティ形成を行うとともに、中小企業と育成した人材とが協働して課題解決にあたるプロジェクトを実施しました。
取組で得られた知見を活用して、中小企業がAIを導入する場合を以下の2パターンに分け、それぞれの参考となるような資料を取りまとめたということです。
① 中小企業が自らAIを導入する場合
② 中小企業自身だけでは難しく、AI実装の知見を持つ外部人材と協働して導入を進める場合

詳しくは、こちらをご覧ください。
<中小企業向けの「AI導入ガイドブック」と「外部AI人材との協働事例集」を取りまとめました>
https://www.meti.go.jp/press/2020/03/20210331010/20210331010.html