自社の発展の為の制度改革を実行すれば10万円。
その制度改革により、従業員の離職率が減れば、更に60万円が支給されます。

 職場定着支援助成金は、今まで申請出来る会社の業種が制限されていました。介護事業や建設業など重点分野として列挙された業種のみの制度でした。
これまでも、この業種に該当するきりん事務所の顧問先企業では、労務管理に新制度を取り入れる際、職場定着支援助成金を同時に申請していました。設立から関わらせていただく企業様には、一つ一つ段階を経て、いろんな助成金を組み合わせる事が出来ます。
このような助成金の多くは中小企業のみが対象となっていて、中小企業が大企業に対抗する為の仕組みが出来ているので、是非活用して欲しいと思います。
雇用管理制度を見直して10万円受給し、1年後の離職率減少目標を達成を目指して更に60万円の支給を目指すというユニークで楽しい助成金です。

従来、活用できる業種が限られていましたが、平成28年4月1日からこの業種が撤廃されます。

自分の会社を一生懸命良くしようと考え、実行すると貰えるなんて、活用しない理由が見当たりません。そして、その制度によって、自分の会社の離職率が減るだけでもとても素晴らしい効果なのに、更に60万円も助成金が支給されるのです!!

今でしょ!

職場定着支援助成金リーフレット