厚生労働省から、「『テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン』パンフレット」が公表されました。

厚生労働省では、使用者が適切に労務管理を行い、労働者が安心して働くことができる良質なテレワークを推進するため、テレワークの導入及び実施に当たり、労務管理を中心に、労使双方にとって留意すべき点、望ましい取組等を明らかにした「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」を策定しています。

このガイドラインを参考として、労使で十分に話し合いが行われ、良質なテレワークが導入され、定着していくことが期待されています。

このパンフレットは、ガイドラインの内容を、イラストや図表も用いてわかりやすく整理したものとなっています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<「『テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン』パンフレット」>
https://www.mhlw.go.jp/content/000828987.pdf

このパンフレットを含めた、ガイドライン全体を紹介するページはこちらです。

<テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン>
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/shigoto/guideline.html