厚生労働省は、ジョブ・カードをオンライン上で登録・更新できる新サービス(「ジョブ・カード作成支援サイト」(仮称))の、令和4年度の開始に向けた準備を行っています。

このたび、それに向けた取り組みや将来的な方針を「WEBサイト基本方針書」としてとりまとめ、これを公表しました(令和3年3月30日公表)。

現在、ジョブ・カードは、学生、求職者、在職者の方に、キャリア・プランニングや職業能力証明の内容を集約して見える化するツールとして、求職活動や職業能力開発などの幅広い場面で活用されています。

令和4年度に予定しているジョブ・カードのデジタル化で利便性を高め、労働者等の長期にわたるキャリア形成をより一層サポートできるよう、このサイトを開設する予定だということです。

さらに、サイト開設後には、ジョブ・カードのサービス向上のため、このサイトの登録情報と民間の就職・転職サイトなどの登録情報を相互で活用する取り組みを進める計画もあるということです。

この計画に向けて、民間サイトが連携しやすいようにあらかじめサイト側のデータ定義などの情報を、厚労省ホームページなどを通じて順次公開していく予定としています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<「ジョブ・カード作成支援サイト」(仮称)構築のための「WEBサイト基本方針書」を公表~ジョブ・カードのデジタル化を進めています~>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17457.html